top of page
bg_top_edited.png

初めて負荷テストを行うがノウハウがなく何から始めれば良いかわからない

負荷テストのレクチャーを行い、自社で負荷テストを運用できるようにします

システムの更新をするたびに負荷の問題を対応しなければならない

開発プロセスの改善案提案を行い、思いもよらない負荷の問題を最小限にします

システムのリリースを控えており、負荷に対して不安を拭えない

リリース時の想定負荷、限界性能を考慮し負荷テストを行い、不安を解消します

アクセス集中があるとUXが悪くなりお客様からクレームが絶えない

アクセス集中におけるボトルネックの解消とUXを考慮した解決策を提示します

​負荷テストを行えるエンジニアがいない、期間がない

テストの代行だけでなく負荷テストを効率よく実施するための改善提案を行います

負荷対策はインフラを増強してごまかしている費用が看過できない

ソースコードレベルに及ぶ改善提案を行い、必要なインフラ構成を提案します

imaga01.png
image02.png

​​こんなお悩みありませんか?

​私たちも経験しています

落ちないサービスづくりを経験豊富なエンジニア陣が支援します

システム負荷対策伴走サービス

top_image.png
Mx.Load_コンサルティングLOGO_FIX.png
by
ソースコードレベルにまで及ぶ改善提案
運用コスト削減
生きたノウハウの提供で負荷テストの自社運用へ
bg.png

​得られる価値

サービスダウンによる不安が解消され、サービスの売上や満足度に貢献します

Point 1

サービスが落ちなくなり、ユーザーからのクレームが減り、機会損失が起きません

Point 2

サービスが安定し、ユーザーの満足度が上がり、売上やサービスの満足度に貢献します

Point 3

落ちる不安がなくなりトラブル対応などのエンジニアの運用工数を削減できます

​当社のアドバンテージ

advantage_table.png

​サービスの流れ

STEP 4

負荷テスト

STEP 3

シナリオ設計

STEP 2

現状分析

STEP 1

目的設定

・システム要件ヒアリング
・ビジネス要件ヒアリング
・システム構成分析
・アプリケーション分析
・インフラ分析
・負荷シナリオの設計
・負荷シナリオスクリプト作成
・負荷テストの実行
・致命的なケースのレポート
STEP  6

レポート報告

STEP 5

テスト結果分析

・システム要件ヒアリング
・ビジネス要件ヒアリング
・システム構成分析
・アプリケーション分析
・インフラ分析

サービスダウンによる不安が解消され、サービスの売上や満足度に貢献します

​負荷テストレポートサンプル
負荷テストレポートサンプル202205_ページ_02.png
負荷テストレポートサンプル202205_ページ_05.png
負荷テストレポートサンプル202205_ページ_06.png
負荷テストレポートサンプル202205_ページ_15.png
負荷テストレポートサンプル202205_ページ_22.png
負荷テストレポートサンプル202205_ページ_39.png
負荷テストレポートサンプル202205_ページ_41.png
bg.png

経験豊富なエンジニアがしっかりサポートを行います

sato_edited.jpg

佐藤正明

Masaaki Sato

プロダクトマネージャー

独立系Sier、ベンチャーキャピタルでスタートアップ企業への技術支援、SaaS型モバイルCRMの三社で、大規模、高トラフィックなシステムの開発運用を経験。

2011年にドリコムへ入社、プロジェクトマネージャー経て、ゲームプロダクトのプロデューサー、ゲーム事業の本部長、プロダクトと組織の両面の責任者を経験。2021年よりB2B事業担当として、新規事業の開発に取り組みながら、負荷支援事業に従事。WEB+DB PRESSなどへの技術系雑誌への寄稿、アジャイル開発を得意とし、非エンジニアへのアジャイル手法の適用へ登壇多数。

okada_edited.jpg

​岡田達典

Tatunori Okada

DB、インフラスペシャリスト

Sierにて、OracleやDB2などの設計・構築・パフォーマンス改善などに携わり、2006年にサイバーエージェントへ入社。アメブロをはじめ多くのサービスのMySQLチューニングや負荷対策など行う。
2012年にドリコムに入社し、大規模なゲームのリリースに携わりクラウドやツールの選定など行い、全社のインフラの運用戦略を推進、高トラフィックなシステムを低コストでの運用を実現
する。
2020年にSHOWROOMに転職し新規サービスのリリースやシステム移行などを経て、2023年から再びドリコムでインフラ面での技術担保の責務を担う。

ohara_edited.jpg

大原常徳

Tunenori Ohara

アーキテクト

大学院​での研究職を断念し、Sierからキャリアスタート、グループウェアの開発・運用に携わり、2011年にサーバーサイドエンジニアとしてドリコムに入社。
リワード広告/動画広告システムの開発運用、HTML5ゲームプラットフォーム開発に従事。2020年にSREソリューション部を立ち上げ、全社のインフラ・基盤運用を推進。ドリコム社のシステム開発/運用/負荷試験のノウハウを負荷試験支援事業として外部に提供、クラウド型の負荷試験支援サービスの設計開発を行う。
tokyo.ex主催運営,JapanElixirAssociation理事。SoftwareDesginなどへの寄稿多数。

​実績

entertainment.png
エンタメ

・リリース直後にサービスダウンしたサービスの再構築

・DAU100万規模の高トラフィックかつ長期運用サービス

・ゲームプラットフォームの安定的な開発運用

web.png
Webサービス

・ECサイトユーザーエンゲージメント管理システムの負荷対策

・ワークフローSaaSインフラリプレイス時の負荷対策

setting.png
その他

・事務系分野におけるバックオフィスシステムの負荷対策

・IoT/自動車位置情報管理システムの負荷テスト

・道路情報管理官公庁システムの負荷テスト

bg.png

​料金体系

料金体系は基本以下3つの項目を軸にお見積りご相談をさせていただきます。

API数

​テスト対象にしたいAPI

画面数

テストシナリオで想定される画面数

ユーザー規模

同時接続数や、アクセスユーザー数

​よくある質問

「Mx.Load 負荷コンサル」に寄せられるご質問にQ &A方式でお答えしています。
その他気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

  • テストデータの取り扱いやプライバシーに関するポリシーは?
    基本的にはお客様の方で用意していただくデータは、データ量に関しては、要件にあったデータを用意していただきますが、データ自体はダミーデータでの構築をお願いしております。
  • テスト環境を用意する必要はありますか?
    原則、お客様に攻撃対象のサーバーや、テストデータの用意をお願いしておりますが、弊社でも対応可能です。
  • 負荷テストの実施期間やスケジュールはどれくらいですか?
    規模や、テストの内容に依存しますが、1ヶ月から2ヶ月程度での工期で実施されるケースが多いです。
  • 無料相談はどこまで相談に乗ってもらえますか?
    お客様の抱えている課題に対して、テストの必要性まで含めて相談を受け付けております。特に、初めて負荷テストを考えている場合などは、負荷テストの考え方など伝えさせていただくことも可能です。
  • 継続的なテストや長期的なサポートは可能ですか?
    弊社の支援を終えたあとは、出来得る限りお客様のほうで運用できるようにサポートします。また、効率的に負荷テストを行うためのツールも提供しております。
  • 納期が短い場合や急な依頼に対応してもらえますか?
    通常と比べ対策への対応範囲が狭くなりますが、対応可能です。実績では、最速でお話を受けてから翌日から対応開始したケースがございます。
bottom of page